案内人「る・ぱんだ」オススメのアート情報をお届けします。


by NPO-PandA-info

<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

深水郁 piano 弾き語り

「SA・KURA・JIMAプロジェクト」
SAKURAJIMAライブ~モノクロームクール~
で歌ってくれた深水郁さんのソロライブがあります。
前売りチケットをPandAでも発売しています。
先着10名様まで。
詳しくは、早川まで。


a0109945_135289.jpg

[PR]
by NPO-PandA-info | 2007-09-20 01:04 | コンサート
鹿児島市にある知的障害者支援施設「しょうぶ学園」の刺繍グループ「nui project」から生まれてくるこだわりの表現としての「縫い」のかたち。不思議な美と機能を持つシャツを新しいファッションとして提案します。本展覧会をとおして、その独創的な「縫い」の世界をご覧いただきたいと思います。

nui project 2007 「縫い」のシャツ展

会期: 1 st. shirts+fiber arts  9.15 sat ~ 10.7 sun
    2 nd. shirts+bags    10.9 tue~ 10.28 sun

   [11:00-18:30 月曜休]

場所:小さなアートを集めた街のミュージアムショップ・ジェム・アート
〒107-0062 東京都港区南青山6-1-6 パレス青山109
(根津美術館正門前)
    TEL:03-3400-1271
   http://www.gallerytom.co.jp/shop/shop.html

*ヌイプロジェクト*
しょうぶ学園(設立1973年)では障害をもつ人たちが「与えられる側」から「創り出す側」に立つことを目的として、木工、陶芸、染め織り、刺繍、和紙、園芸、パン工房などさまざまな工芸・芸術活動に取り組み、1985年より「工房しょうぶ」として本格的に活動している。「工房しょうぶ」を利用する人は約100人。希望や適性による個人の制作スタイルを重視した支援を基本としている。その中にある刺繍グループ「ヌイプロジェクト」は、約20人の利用者と数名のコーディネーターで構成されている。「縫う」という行為を通して、障害を持つ個人の表現=アクションを抽出しきわめて個性的で独自なテキスタイルデザインの可能性を模索している。
[PR]
by NPO-PandA-info | 2007-09-11 11:06 | 展覧会
これほどまでに強いエネルギーはどこから生まれるのだろうか。大地にしかと立ち、生きることを謳歌しながら、感性を表現へと変える人々。さらに彼らは、そうして生まれた表現から、新しい感性をつくり出していく。アートという枠を超えてだれの胸にも響く作品。しかも高い芸術性。成熟した共生の社会、文化が、ベルギーにはある。

●クレアムについて
クレアム(Creahm)は、CREAtivite et Handicap Mental(「創造的活動と知的障害」の意味)の略です。
http://park.zero.ad.jp/mob/exhibition11.html

会期:2007年6月23日(土)~9月24日(月・祝)
   10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所:もうひとつの美術館
  栃木県那須郡那珂川町小口1181-2
  TEL&FAX:0287-92-8088  
http://www.MOBmuseum.org
特別入館料 大人:800円 小中校生・65歳以上・障害者・重度の方の付添・賛助会員:400円
主催:NPO法人 もうひとつの美術館
[PR]
by NPO-PandA-info | 2007-09-09 17:38 | 展覧会
2006年4月に施行された「障害者自立支援法」によって、個人の選択の時代がやってくると考えられています。障害のある人たちが地域で生活し、その人らしいライフスタイルを確立することが期待されていますが、障害のある人の「仕事・就労」については既存の労働観にあてはめて考えられることが多く、実際の就労機会は限定されているのが実情です。
そこで私たちは、障害のある人が《アートを仕事にする》ことを提案します。
一人ひとりの能力を活かした多様な働き方に向けて、アートは多くの可能性をもっているからです。日常的な創造活動や潜在的な能力を活かして、障害のある人が収入を得ることができ、また生活できるような仕事づくりに向かって、現場には何が求められるのでしょうか。
このセミナーでは、障害のある人が《アートを仕事にする》ために、現場はどのような哲学と情熱をもち、またどのような人材育成を行い、あるいは技術を育てることができるのかを各地の先進的活動を行っている実践者たちと共に考えます。
そして、障害のある人のアートを仕事にする中間支援組織の重要性についても考えます。アートと福祉の融合領域における起業とネットワーク化を目標にして、みなさんと情報交換・情報共有を行いたいと思います。
ぜひご参加ください。


日時:2007年9月16日(日)13:00~17:00/17日(月・祝)10:00~15:30
会場:たんぽぽの家(アートセンターHANA/わたぼうしの家)
  奈良県奈良市六条西3-25-4
※詳しいお申し込み方法、参加費、振込先等は↓
http://www.popo.or.jp
お問い合わせ・お申し込み先
財)たんぽぽの家(担当:柴崎、北田)
〒630-8044 奈良県奈良市六条西3-25-4
TEL:0742-43-7055 FAX:0742-49-5501
E-mail:ableart@popo.or.jp
[PR]
by NPO-PandA-info | 2007-09-09 12:13 | セミナー
一人ひとりの違いに向き合いながらも、多様性やデザイン性を重んじる「インクルーシブデザイン」。
その特徴は、これまで「デザインにおいて想定されるユーザー」から排除されることが多かった、障害のある人や高齢者といった「特別なニーズを持つ人々」が、デザインプロセスの初期の段階から積極的に参加する点です。
急速に高齢化社会が進むなか、イギリスで誕生したインクルーシブデザインは、新しいユーザー指向のデザイン手法として企業などの注目も高まっています。
この「インクルーシブデザイン」の考え方を、ワークショップを通して学び考えます。今回は、車いすユーザー、聴覚、視覚に障害のある人とともに、将来デザイナーやエンジニアを目指している学生、すでに企業でものづくりに携わっている人、さらには障害のある人や福祉の現場にいる人など多様なメンバーが、6~7人ごとのグループに分かれて、3日間のプログラムを通してインクルーシブデザインの理念や手法を学びます。

会 期:2007年9月13日(木)~9月15日(土)
定 員:30名(事前申込制による先着順)※定員になり次第締め切り
対象者:インクルーシブデザイン、ユニバーサルデザイン、デザインを通した共生社会の実現などに関心のあるすべての人
会 場:富士ゼロックス塚原研修所
     〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原3593
     TEL.0465-72-1500 FAX.0465-72-0332
参加費: 一般 19,000円  学生 8,000円(25歳まで)
お申し込み方法:「参加申込書」をFAX、E-mailもしくは郵送にて下記事務局まで。※お申し込み後のキャンセルにはキャンセル料が必要です。
お申し込み:エイブル・アート・ジャパン
    〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル3F
お問い合わせ:TEL.03-3364-2140 FAX.03-3364-5602
          E-mail.office@ableart.org
主催:エイブル・アート・ジャパン
共催:財)たんぽぽの家、九州大学ユーザーサイエンス機構、京都大学情報学研究科共生システム論研究室 
[PR]
by NPO-PandA-info | 2007-09-09 11:44 | ワークショップ

GLASS WORKS

a0109945_22314093.jpg
■GLASS WORKS

艸田 正樹(石川) ピンブロウ
津田 清和(富山) 吹きガラス
大場 匠(千葉) 吹きガラス


期間:2007年9月6日(木)~9月16日(日)
場所:壺中楽   鹿児島市吉野町2433-17
TEL:099-243-2555

OPEN 11:00~19:00(期間中無休)
・南国バス 吉野無線前下車
・市営バス 養護学校前下車

入場料:無料
[PR]
by NPO-PandA-info | 2007-09-02 00:07 | 展覧会

八島太郎・絵本の世界展

■八島太郎・絵本の世界展

 ようこそぼくが愛したふるさとへ - 八島太郎
 「からすたろう」
 
 画家・八島太郎(1908~1994)は、南大隅町(旧根占町)出身、アメリカを中心に活躍しましたが、ふるさと鹿児島を舞台にした素晴らしい絵本を残しています。八島太郎が絵本に描いた子どもの世界、ふるさとの情景を味わいながら、ゆかりの地、南大隅町と鹿児島市で絵本展と講演会を開催します。
 
 会期:2007年8月18日(土)~9月16日(日)
 場所:ギャラリー艸舎(鹿児島県青年会館内)
      鹿児島市下伊敷1-52-3 TEL: 099-218-1225 
 OPEN:10:00~18:00 月曜休館
 入場料:無料
 
 ●講演会 
  9月1日(土) 南大隅町中央公民館  ※入場無料
   「子どもたちに伝えたい 八島太郎・絵本の世界」 広松由希子氏
   
  9月2日(日) 鹿児島県青年会館艸舎 ※参加費500円
   「八島太郎が絵本にこめたメッセージ」      齋藤きみ子氏
   「子どもたちに伝えたい 八島太郎・絵本の世界」 広松由希子氏
 
 お問い合わせ・お申し込み
  財団法人 鹿児島県青年会館 艸舎(sosya)
  TEL: 099-218-1225 FAX: 099-218-1245 e-mail:info@sosya.or.jp
  
[PR]
by NPO-PandA-info | 2007-09-02 00:05 | 展覧会
これまでさまざまなアート情報をお届けしていたPANDAイベントインフォメーションが、新しくブログ形式の
「PandA ~アートへの案内人~」
へと生まれ変わりました!

わたしは、案内人の”ぱんだ”こと早川由美子です。

カテゴリ別での表示など、アート情報をさらにご利用しやすくなるとともに、実際に展覧会などにお出かけいただいた感想なども書き込みできるようになりました。
「おもしろかった」、「イマヒトツ」など、ご自分の言葉でストレートなご感想をお寄せください!
また、そういったご感想に対するご賛同やご意見もお待ちしています。
双方向にアートを楽しむ、向かい合う、ほりさげる場として、「PandA ~アートへの案内人~」ブログにぜひご参加くださいね。

尚、PandAの主催・共催・後援事業などは、別ブログ
「People and Arts ~アートな毎日~」http://npopanda.exblog.jp/
でのご案内となります。こちらもどうぞのぞいてみてくださいね!
[PR]
by NPO-PandA-info | 2007-09-01 00:00